解決事例

離婚が成立し、慰謝料獲得

離婚が成立し、慰謝料獲得

夫の不貞行為が発覚し、慰謝料請求をしたいという奥様からのご相談。修復してやっていけるかどうか、という部分を丁寧に話し合った結果、新しい幸せをつかみたいという決心が固まり離婚を選択。
協議離婚により慰謝料と財産分与、養育費を得て生活を立て直していくことになりました。また、連帯責任として不貞行為の相手にも慰謝料を請求。約半年で解決に至り、新しい人生がスタートしました。

離婚はせず、相手の女性に慰謝料請求

離婚はせず、相手の女性に慰謝料請求

夫の不貞行為により、奥様が夫に慰謝料を請求。加えて不貞相手の女性にも慰謝料を請求しました。慰謝料の額は、夫よりも女性の方が高額になるように請求した例です。
女性は謝罪の上慰謝料を支払い、夫もまた慰謝料を払ってその女性とは一切接触しないことを誓約しました。離婚には発展せず、もう一度夫婦関係を見つめ直し、生活をやり直していく決断をされました。

不貞相手から訴えられたケース

既婚男性が不貞相手の女性から訴えられ慰謝料請求されたケースです。
男性は妻との関係は破綻し、離婚するという話をしており、女性はそれを信じて交際がスタート。ところが男性の奥様から訴えられ、女性は結婚の約束をしてもらっていた事情を主張。しかし男性は、それは身に覚えがないという始末。そのため対抗措置として、相手の女性から訴訟を起こされている以上、当方は交際男性を婚約不履行に基づく慰謝料請求の訴えを起こしました。
互い違いに慰謝料を請求し合う形にはなりますが、最終的に婚約していた事実を証明できたことで事実上の相殺処理により慰謝料の支払をしないで済む結果となりました。

第3者の協力を得て証拠収集

夫からのモラハラを受け、結婚生活は破綻しているけれども、それを証明するにはどうしたらいいかというご相談でした。DVもからんでいるため、医者や学者の協力を得て、専門家的知見から破綻の事実を裏付けていった事案です。夫婦の歴史や実態、関係証拠を丹念に分析・収集しアドバイスをさせていだきました。

  • UDA LAW OFFICE 宇田法律事務所 OFFICIAL SITE
  • 宇田法律事務所 弁護士による交通事故相談

ご予約・ご相談はお気軽に

離婚を考えている、DV・モラハラ・不倫問題・離婚の慰謝料のことで困っていたら、ぜひ一度ご相談ください。
桜通線高岳駅より徒歩約7分・東山線新栄町駅より徒歩約8分 | 時間外・休日でも、事前のご予約で対応可能です。

pagetop